年下女性にくすぐり調教を受けることになった里桜

【 プロローグ 】

里桜は今年で26歳になる大人の女性である。
普段は銀行員という固めの職場に勤めている。昔から美人で知的で、気品があり、でも優しくて清楚で、つまり凄くモテる。言い寄ってくる男も常に多い。
しかし里桜には絶対に人に知られたくない秘密が1つある。それは、くすぐりフェチであることだ。 それも、かなり重症の。

「誰かにくすぐられたい」という願望から、ネットやSNSでくすぐりパートナーを探すうちに、ある人物と知り合うことになる。その人は、凄くドSで自分が今まで知り合ったことがない感じのする人物。ハンドルネームはHK。 なんといま、新しい「くすぐり奴隷」を探しているという。 かなり厳しい「くすぐり調教」に耐えられるなら、奴隷にしてあげてもいいよ、という。

里桜は意を決して、その人物と会うことになる。しかし・・・てっきり、年上の男性だと思っていたその人物は・・・なんと、年下の女性だった・・・・。

 
【 本編 】

「もしかして里桜さんですか? ネットでHKって名乗ってる者だけど」

そう声をかけてきた人物をみて、里桜は驚いて目を見開いた。目の前になっていたのは、紳士な男性・・・ではなく、明らかに自分よりも年下の20歳そこそこの小柄な女性だったからだ。でも相手は、「里桜さん」と話しかけてきたのだから、人違いということはないだろう。

「立ち話もなんだから」ということで、私たちはいったん喫茶店に移動した。私はまだ混乱していたが、先にスタスタと歩くその若い女性に付いていった。細くて華奢な女性。女子大生くらいだろうか? 髪の色も明るくモデルみたいに垢ぬけている。 

そして、凄く美人。里桜もひそかに自分はかなり美人だと思っている方だが、HKと名乗るその女性は、「負けたかもしれない」と正直思えるレベルで綺麗だった。ただ、目つきは少し強めの美人で、ややキツい印象を与えるかもしれない。自分に自信のある男性でなければ、気安くは声をかけられないような雰囲気の女性だった。そこは少し里桜とは違うタイプである。

喫茶店に入ると、とりあえず里桜はまず疑問に思っていることを切りだした。

 
里桜「あのー、HKさんって、あたしてっきり・・・」
HK「あぁ、男性だと思ってました?w」

あっさりと言うHK。

 
里桜「いや、思ってました、もなにも、男性だって・・・」
HK 「男性だなんて、あたしは一度も言ってませんよ? 思い出してみてください?」

そういわれて、メッセージのやり取りなどを思い返してみる里桜。 言葉遣いなどから、てっきり里桜は当然のように、年上の男性だと思いこんでいた。が、たしかに男性だ、とは言われていないかもしれない。 もっとも、「くすぐり奴隷が欲しい」といってくる相手が、まさか女性だとは思いもしないわけだが。

 
里桜「(まぁ男性だとは言ってないかもしれないけど・・・女性なら女性って言ってくれればいいのに)」
HK 「騙されたって思ってます?w」

見透かしたように明るく言うHK。騙されたとまでは言わないけど、そう誤解させる節は間違いなくあった。

 
HK 「もし最初から、年下の女性って言ってたら、来てくれました?」
里桜「いや・・・それは・・・・」

HK 「だよね、みんなそうなんだもん。でも、くすぐり奴隷が欲しいのは本当なんだよね」
里桜「じゃあ、くすぐり奴隷を探しているのは、本当なんですか? 調教の内容とかも・・・」
HK 「もちろん、嘘は一度もついてないよ。 わたし、女の子をイジメるの好きなんです。 お姉さんのことも。 全裸で縛りつけて、泣いておしっこ漏らすまでくすぐってあげたいなぁ」

こんな明るい喫茶店で、恐ろしいとんでもないことをサラっというHK。
思わず背筋がゾクっとして、マゾ心がくすぐられた里桜。

 
HK 「ふふっ、お姉さん、本当にドMなんだね。ふつー、年下の女の子にこんなこと言われたら、ちょっとムッとすると思うんだけど」

そういって、HKはニコニコしながら私を覗きこみ、舌で少し唇をなめた。正直、悪魔的に可愛い。女性の里桜でもドキッとするほど美人だ。

ただ里桜にも、もちろん葛藤はあった。いくら里桜が自覚しているドMで、くすぐられたい願望に飢えているとはいえ、さすがに年下の女性の奴隷になるのは・・・。しかも、メッセージのやり取りの内容に嘘がないとすれば、調教の内容はかなりハードだ。本当に耐えられるのか。

 
HK 「嫌だったら、辞めてもいいよ。あたしもわざと誤解させたところはあるし。
   ただくすぐり奴隷になるっていうなら、死ぬほどコチョコチョして可愛がってあげる。今までも、年上の女の子はたくさん調教してきたし、安心して奴隷になっていいよ」

 
迷ったすえ、里桜は「まずは1カ月だけ限定」という条件で、この綺麗な女子大生HKのくすぐり奴隷になることを決めた。
里桜も女同士でのくすぐりに抵抗があるわけではない、むしろ妄想では、女の子にくすぐられたい、という願望はあった。といっても、同年代や年上の女性の話で、さすがに20歳そこそこの女の子に調教されるとは思ってなかったが。

やっぱり合わないと思えば辞めればいい。

 
HK 「じゃあ決まりね、今日(土曜日)と明日はそのまま、家に泊まりね。 これからも、土曜日と日曜日は、うちにきて奉仕して貰うから。
   あ、私のことは今後、美紀様って呼ぶこと。もちろん会話は敬語ね。」
里桜「・・・はい・・・わかりました」

 
年下の女の子に敬語で喋るのは、かなり屈辱的だった。
里桜も性癖はドM かもしれないが、日常生活でのプライドはそこそこ高いほうだ。普段、男性にチヤホヤされたり、女性からも尊敬されることが多かったから尚更である。年下の女性や後輩には、いつも慕われるのが常だった。

「(今後、この子のくすぐり奴隷になるんだから、これくらいは当然だろう)」と里桜は自分に言い聞かせた。

その足で、私たちはそのまま、HN(以下・美紀)の家に向かった。

美紀の部屋は、都内のかなり高級なマンションの一室だった。どうやら、美紀の両親がかなりお金持ちであるようだった。容姿に恵まれるだけでなく、経済的にも恵まれて生まれるなんて、天は二物を与えるものだ。

>>2話(屈辱の年下による身体検査とくすぐり調教)に進む

オリジナル作品の紹介

くすぐらんどの8作目の新作です。
最年少でナダレ地区防衛軍司令官に任命されたリヴァ。戦場では負けたことがない天才軍人だ。 しかし敵のディボラ軍に基地を襲撃され、さらに味方の裏切りにより敗北。部下たちの命を人質にとられる。

逆らえない立場になったリヴァは、大勢の兵士たちの見ている前で服を脱いで、すっぽんぽんになるよう命令される。さらに敵兵に手足を押さえつけられ、恥ずかしいコチョコチョ責め。意外にもくすぐりが弱点なのが敵にバレたリヴァ司令官は、部下の前で、泣いておし〇こを漏らすまでくすぐられる。

この作品の説明ページ