彼女との日常

俺は社会人2年目
合コンで出会った女 大学生
割と可愛い女 黒髪がいい

最初に言っておくと、俺は最低男だ。
女をくすぐりの道具のようにしか思っていない。
なので、それで気分を害する人は、続きを読まないほうがいいだろう。

ときどき彼女を調教して遊んでいる。
彼女も割とMなので。

良い感じにベッドにもたれかかる ブラとパンツにする。
彼女をネクタイで万歳に縛る。

彼女は少し怯えたような目で見る。
ゾクゾクする。

剥き出しの脇の下をくすぐる。

「あはははははははは、なんで、ははははははは、だめえ」
「いやっはははははははは、わたし、弱いのぉ、ははははははは」

コイツは本当にくすぐりに弱い。
だから彼女にしたんだけど。

馬乗りになって、容赦なくしつこく脇の下をくすぐる

「やめて、やめてえ、ははははははは、ははははははは」

もう彼女は涙目になってる
次は脇腹だ

「ひーひひひひひひひひひひひ、だめえ、ははははははは」
「やだーははははははは、くすぐり、やだああ、はははははは」

ここで、ブラをはずして、パンツを膝までズラす。
恥ずかしそうにモジモジする。
ようやく触って貰えるとでも思ったんだろうか。

「おまえ、くすぐりで感じてるんだろ」
「感じてないもん」少しムくれたようにいう彼女。

可愛い。でも間違った回答なのでお仕置き。
脇の下くすぐり。

「あははははははは、辛いぃ、ひーっひひひひひひひひ」
「くすぐりで感じてます、だろ?」
「はっははははははは、脇、脇やめてええ、ひゃははははははは」
「言うまではやめないよ」
「ははははははは、い、言わないい、ふはははははははは」
「ふーん、そんなに脇の下くすぐられたいんだ」

おっぱい丸出しの全裸で、顔をくしゃくしゃにして笑い悶える彼女を見ると、
征服欲が満たされる。 ああ、コイツは俺のものなんだな、と安心できる。

7分後
「あーははははははは、感じてますう、ははははははは、感じたから、もう
許してええ」
「嘘ついてごめんなさい、は?」
「ひひひいひひいひひひひひ、嘘、嘘ついて、ははははははは、ごめんな
さいい」

俺はくすぐる手を止めた。
脇の下と脇腹しかくすぐってないのに、彼女の乳首はピンとたち、
アソコは濡れていた。 
変態ドMだな、と思ったが、それを言うとちょっと怒るのでやめた。

「良いダイエットになっただろ? おまえ最近、気にしてたじゃん」

と、汗だくの彼女に言った。
実際、どう見ても彼女にダイエットは全く必要なく、むしろ、もうちょっと
ムチムチしたほうがいいんじゃないか、という気すらするんだけど。

彼女は目に涙を浮かべたまま、息を切らしながら、ベーと舌を出した。
前技は終了。 俺は彼女を縛ったままHをした。

オリジナル作品の紹介

くすぐらんどの8作目の新作です。
最年少でナダレ地区防衛軍司令官に任命されたリヴァ。戦場では負けたことがない天才軍人だ。 しかし敵のディボラ軍に基地を襲撃され、さらに味方の裏切りにより敗北。部下たちの命を人質にとられる。

逆らえない立場になったリヴァは、大勢の兵士たちの見ている前で服を脱いで、すっぽんぽんになるよう命令される。さらに敵兵に手足を押さえつけられ、恥ずかしいコチョコチョ責め。意外にもくすぐりが弱点なのが敵にバレたリヴァ司令官は、部下の前で、泣いておし〇こを漏らすまでくすぐられる。

この作品の説明ページ