くすぐり体験実習

今日は、半年に1回の「くすぐり体験実習」の日だ。

中学5年生以降、必修になる「くすぐり体験実習」というカリキュラムのもと、

近隣の中学校から、中学生の女の子が2人派遣されてくるのだ。

その実習内容とは・・・

まず中学生の女の子が、中学校の体育館で、全裸で鉄パイプに拘束される。

||←このような地面に垂直な天井まで繋がった2本の鉄パイプに、

両手、両足を大きく開いた格好で、

|X|←このように両手両足を縛りつけられ、喋れないよう口にはギャルボールをつけられる。

この状態で、クラスの40名あまりの中学生生徒に、一斉にコチョコチョと

くすぐられるのである。

実習は、1クラス1時限(50分)、1学年は4クラスもあるので、

選ばれた中学生は、全部で3時間以上にもおよぶくすぐりを受けることになる。

ちなみに休み時間も、女子中学生は、そのまま縛られて放置されて、

どの学年のどのクラスの生徒でも、自由にくすぐっていいことになっている。

西中学校は、前日から、その話題で持ち切りだった。

男子

「今日はどんなお姉さんが来るんだろうなー」

「おっぱいが大きい姉ちゃんが来るといいなー」

「前回のお姉ちゃんは最高だったよなー、可愛くて。

また、ま○こが見れるのかー」

中学生といえど、高学年ともなれば、もう十分にスケベな集団である。

一方、女子はというと、

「今回もコチョコチョに弱いお姉さんが来たら、おもしろいよねー」

「由里ちゃんってば、前回の、あれはやりすぎでしょ(笑)

お姉ちゃん、おしっこ漏らしちゃってたじゃん」

「だって~(笑) お姉さんがかわいかったんだも~ん

あー、今日も楽しみだなー」

こちらも何やら盛り上がっているようだ。

一方その頃、西中学校では・・・

「ちょっ、なんで私なんですか!?」

「ん~、でもこれはもう決定事項だからなぁ~」

この制度で派遣される女の子は、

通常は、中学校での成績が悪い、遅刻や欠席など、登校態度が悪い、

という女子生徒を、お仕置きする目的でも選出される。

だが、今回、担任の教員から「くすぐり体験実習」の派遣を言い渡されたのは・・・

クラスで1位2位を争う可愛さを持ち合わせながら、

成績優秀、スポーツも万能という美羽だったのだ。

実は、この制度、担任の一存によるところが大きく、

担任の評価次第、という面が強かったのだ。

美羽は、ときどきセクハラしてくる担任、栗原のことが

大嫌いで、よく露骨に生意気な態度をとっていた。

それが先生のプライドに触ったようだった。

「そんな、でも納得いきません! 」

「これはもうくすぐり教育指導本部からも正式に出ている決定だ。

それとも、くすぐり教育指導本部の決定に逆らうのか?」

「うっ・・・・」

くすぐり教育指導本部の名前を聞いて、美羽はゾッとした。

この組織は、担任や学校の手に負えない問題児を、くすぐりで指導する

大人の組織なのだが、そこでは、中学生を相手に、半ば拷問のような

えげつないくすぐりをやっていると評判だった。

美羽の親友の理沙も、半年前にこの指導本部に送られて、

精神が壊れてしまい、まだ社会復帰できていないのだ。

「わかりました・・・いってきます・・・」

美羽は、大人社会への理不尽さに怒りを感じながらも、

仕方なく「くすぐり体験実習」の件を了解した。

―そして当日・・・

美羽は重い足取りで、西中学校に向かった。

自分ともう一人、この制度の犠牲になる女の子は、

隣のクラスの凛という女の子らしい。

彼女は、小柄で可愛いものの、いかにも大人しい感じの女の子だった。

とても悪いことをするような子には見えないが、

病弱のため、欠席が多いことで、この制度に選ばれてしまったようだ。

可哀そうに。

たしか凛ちゃんが、1時間目~4時間目が担当なので、

もうすでに体育館でくすぐられているハズである。

(美羽は4時間目から来るように言われていた)

中学校に到着すると・・・

「ああ、よく来てくれたね、美羽ちゃん、みんな待ってたんだよ」

そういって出てきたのは、中学校の体育課教師だった。

「さあ、さっそく体育館へどうぞ」

美羽は緊張の足取りで、案内された体育館へ向かった。

すると・・・

体育館に近づくにつれて、子供たちのキャッキャ、ワイワイとした

楽しそうな声・・・

に交じって、鳥肌がたつような悲痛な笑い声が聞こえてきた。

「ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーっははははははははははははははははは、もう、

もう許じでーーーーーーーーーっへへへへへへへへへへへへへ、」

「あーーーーっははははははははっは、死ぬ、じぬぅぅううううーーーーーっふふふふふ

ふふふふふふふふ」

体育館を覗きこんだ美羽は・・・

その壮絶な光景にゾッとした。

全裸で、まるで股裂きの刑にでもあってるかのように、

限界まで手足を一杯に開かされて、2本の頑丈な鉄パイプに縛り付けられた

凛ちゃんの周りに、蟻のように20~30人の中学生が群がり、

凛ちゃんの体をコチョコチョとくすぐっていたのだ。

「あーーーーーーーーーっはははははははははははははははは、もう、もうやめでぐだざいいいいいいいいいーーーーーーーーーーーっひひひひひひひひひひ」

「はーーーははははははははははははっ、ゆるじで、もうゆるじでーーーーーーっへへへへへえへへへへへへへへへへへへへへへ」

凛ちゃんは、普段の大人しい様子からは想像もできないくらい、

大声で泣き叫び、頭を振りたくり、半分、白目をむいて、

我を忘れて、半狂乱になって笑い狂っていた。

「ぎゃーーーーはははははははははははっははは、だめえええええええーーーーへへへへへへへへへへへへ、また、またおしっこ漏れぢゃうううううううううーーーーーーーーっふふふふふふふふふふふ」

そういうと、凛ちゃんの股間から、ジャーっとおしっこが噴き出した。

「うわっ、きたねっ」

「きゃー、信じらんない」

「このお姉さん、全然反省してないぜ」

「ごめんなざいいいいーーーーーーーーーっひひひひひひひひひ、おしっこしでごめんなざいいいいいいいーーーーーーーっひひひひひひひひひひひひ」

「反省、反省してまずうううーーーーーーーーーーーっふふふふふふふふふふふふ、ごめんなざいいいいいいいいーーーーーーーーーーーっひひひひひひひひひひひ」

あの大人しい凛ちゃんが、

くすぐられて、半狂乱で叫ぶのを、美羽はもう見ていられなくなった。

「あの・・・もうやめてあげてください」

オリジナル作品の紹介

くすぐらんどの8作目の新作です。
最年少でナダレ地区防衛軍司令官に任命されたリヴァ。戦場では負けたことがない天才軍人だ。 しかし敵のディボラ軍に基地を襲撃され、さらに味方の裏切りにより敗北。部下たちの命を人質にとられる。

逆らえない立場になったリヴァは、大勢の兵士たちの見ている前で服を脱いで、すっぽんぽんになるよう命令される。さらに敵兵に手足を押さえつけられ、恥ずかしいコチョコチョ責め。意外にもくすぐりが弱点なのが敵にバレたリヴァ司令官は、部下の前で、泣いておし〇こを漏らすまでくすぐられる。

この作品の説明ページ